さんじななふん。

岩手に住む大学生のブログ。

<すみだ水族館>美しいクラゲと宮沢賢治×清川あさみの世界を堪能。

 

すみだ水族館に行ってきました!

 

f:id:umiuship:20171118163036j:image

 

なぜ行ったかって?

宮沢賢治×クラゲ展が開かれていたからですよ!

www.cinra.net

 

絵本家の清川あさみさんの描く宮沢賢治の世界とクラゲがコラボレーションなんて、幻想的に決まってるでしょ!そんでもって岩手在住かつクラゲ大好きな私は行くしかないでしょ!

 

話逸れますが、

清川あさみさん、お顔は見たことなかったんですけど、

 

f:id:umiuship:20171129234833j:plain

 

美人ジャン!

 

 

さーて入場券を買って中へ。一般の料金が2050円とハッキリ言って高い。しかし、見たいものがあるんだ。仕方なく払いました。金よサラバ~~

お目当てはクラゲですが、他の展示もじっくり見てきたので、順路に基づいて紹介していきますね。

 

自然水景

f:id:umiuship:20171118163043j:image

 

「いのちのきらめき」というタイトルがついていました。

水草から小さい気泡が出ていて、それがきらきらと光を反射して、さらにその酸素で魚やエビが呼吸をする・・・ということでのこのタイトルなんでしょうね。

 

宮沢賢治×清川あさみ クラゲの森

 

1つめの宮沢賢治×クラゲ

 

f:id:umiuship:20171118163429j:plain

 

グスコーブドリの伝記とクラゲ。グスコーブドリの伝記青空文庫で読めるのありがたいですね・・・


f:id:umiuship:20171118163053j:imagef:id:umiuship:20171118163101j:image

 

ブドリとネリが暮らしたイーハトーブの森のなかをふわふわ漂うクラゲたち。

これのポストカードあったら買ったのになあ!(無かった)

 

f:id:umiuship:20171119151446j:image

 

色彩がくるくると変わっていくのが綺麗でした。

  

クラゲ

 

丸い小さな水槽が並べられています。中に居るのはまたしてもクラゲ!こちらは企画展とは関係なく、ただ展示されているクラゲたち。

 

f:id:umiuship:20171118163110j:image

 

カラージェリーフィッシュ

 

f:id:umiuship:20171118163121j:image

 

ギヤマンクラゲ

 

他には

 

アマクサクラゲ

アカクラゲ

コブエイレネクラゲ

サルシアクラゲ

シロクラゲ

カブトクラゲ

 

が居ましたよー!!

小さめのクラゲばかり展示されていましたね。ガラスが二重になってるうえに後ろが鏡みたくなっていたので全く綺麗に撮れませんでした(´;ω;`)

今思うと海遊館新江ノ島水族館の綺麗に撮れる環境素晴らしかったと思います…

 

umiuship.hatenablog.com

umiuship.hatenablog.com  

アクアギャラリー

 

こちらもクラゲ同様小さい水槽に小さい魚たちが居ました。

こちらはうまく撮れたのでたくさんご紹介。かわいいですよっ

 

f:id:umiuship:20171118163128j:image

 

このブログでたびたびご登場のマンジュウイシモチ

そして何回でも書くけどこの水玉模様おしゃれ~

 

f:id:umiuship:20171118163150j:image

 

クダコンベ。赤いチェック。かわいい

こんなかわいい見た目をして他の魚を食べることがあるらしい…見た目で騙されちゃだめとはこういうことですね

 

f:id:umiuship:20171118163159j:image

 

ニモ!じゃなくてカクレクマノミ

って書いてて思ったけど最近の子はニモじゃなくドリーの方がピンとくるのかな?

 

f:id:umiuship:20171118163207j:image

 

ナベカ

ひょこっとな。

 

f:id:umiuship:20171118163212j:image

 

コンゴウフグ

 

f:id:umiuship:20171118163220j:image

 

ハリセンボン

この子カメラ動かす度に目がギョロギョロするし、近づいてくるし可愛かったなー!どういう風に見えてるのかな?

 

f:id:umiuship:20171118163228j:image

 

ハタタテハゼ

 

サンゴ礁

 

次はサンゴ礁水槽!ながーい長方形の水槽にサンゴ礁が再現されていました。

 

f:id:umiuship:20171118163252j:image

 

すみだ水族館といえばチンアナゴ

 

f:id:umiuship:20171118163243j:plain

 

こんなに居ます。ちょっとシュールで面白くないですか?ニョキニョキニョキニョキニョキニョキ


f:id:umiuship:20171118163259j:image

 

ここの水槽は顔を近づけて、たくさん居る魚をじ~~っくり観るのがお勧めです。

 

f:id:umiuship:20171118163307j:image

 

おっ君でかいねっ!!

 

f:id:umiuship:20171118163313j:image

 

やあやあ。正面もイケてるじゃない。

 

f:id:umiuship:20171118163318j:image

 

なんか反応しろよ。

 

f:id:umiuship:20171118163323j:image

 

唇きれいですね。

 

宮沢賢治×清川あさみ 銀河鉄道でわたる天の川トンネル

 

さて、今回のメイン!!!!!クラゲ万華鏡トンネルでの企画展宮沢賢治×清川あさみ 銀河鉄道でわたる天の川トンネル」

ここのクラゲ万華鏡トンネルでは度々企画展が行われていますよね。二年前の蜷川実花さんのコラボ企画展は観に行っていたので(実はブログのヘッダー部分がその画像だったりする)今回のコラボ企画は驚きはあまりなかったのですが、相変わらず綺麗な万華鏡空間と、清川さんの優しい色調の絵がとても素晴らしかったです。たくさん写真載せちゃいますね。

 

f:id:umiuship:20171118163330j:image

 

銀河鉄道の夜とは

銀河鉄道の夜』は、宮沢賢治の童話作品。孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅をする物語で、宮沢賢治童話の代表作のひとつとされている。

銀河鉄道の夜 - Wikipedia

 

銀河鉄道の夜の人気の理由の1つは未完であることだと思ってます。研究のしがいがありますよね。謎が多い物語です。

 

f:id:umiuship:20171118163337j:image

 

見た目はもちろん、リラックス音源を流し、さらにアロマの良いにおいもしていて、まさに五感で楽しむ水族館

 

f:id:umiuship:20171118163509j:plain

 

鏡が左右に設置され、天井の光や壁に投射されている映像が全面に映し出されている状態。万華鏡というか、ミラーボールが壁に貼られているような感覚。

鉄道の走る音や警笛の音も聞こえます。


f:id:umiuship:20171118163342j:image

 

見る方向や時間によって色も変わってきたり。

 

f:id:umiuship:20171118163506j:plain

 

カムパネルラとジョバンニが銀河鉄道に乗っています。後ろの映像はアニメーションになっていました。


f:id:umiuship:20171118163351j:image

 

カラージェリー。

 

f:id:umiuship:20171118163356j:image

 

ミズクラゲ

 

f:id:umiuship:20171118163403j:image

 

銀河鉄道をバックにアカクラゲ

 

f:id:umiuship:20171118163408j:image

 

f:id:umiuship:20171118163504j:plain

 

十字架。作中で青年たちが降りて行った南十字駅ですかね。

 

f:id:umiuship:20171118163415j:image

 

これは作中に出てきた鳥を捕る人ですね。

 

f:id:umiuship:20171118163420j:image

 

めちゃめちゃ背景ブルーなのでアカクラゲの赤い部分があまりわかりませんが・・・

猛毒のアカクラゲ銀河鉄道・・・・・・。ふむ・・・・・・。

 

f:id:umiuship:20171118163513j:plain

 

クラゲは死ぬときに溶けてなくなってしまいます。一晩で姿形がなくなってしまうクラゲもいるそうです。しかも、寿命もそんなに長くなくて、よく展示されているミズクラゲも1年ほどで死んでしまうらしいですね。

一方で、銀河鉄道っていわば死んだ人を乗せる鉄道だったわけで、銀河鉄道内で主人公たちと出会った姉弟も駅(天上)で降りていってしまいますよね。そして主人公が「どこまでも一緒にいこう」と話した、友だちのカムパネルラもラストシーンで亡くなっている事実がわかるんですね。

 

どっちも儚い!

そういうことですか?このコラボは。


f:id:umiuship:20171118163425j:image

 

とにかく綺麗だったので◎

 

東京大水槽

 

すみだ水族館は小規模水族館ですが、唯一の大水槽かこちら。

 

f:id:umiuship:20171118163434j:image

 

館内で疲れたらこの大きい水槽の前でゆっくり休むのがよいでしょう。

 

ペンギン

 

上から見たら、餌やりをやっていました。

 

f:id:umiuship:20171118163438j:image

 

かーわーいーいー。

 

江戸リウム

 

すみだ水族館の見所の1つ江戸リウム。日本最大の金魚展示ゾーンだそうです。

確かに水族館で金魚をこんなに展示してるところってあまりないですよね・・・(熱帯魚屋ならまだしも・・・)

 

f:id:umiuship:20171118163443j:image

 

なにこの子〜〜〜!!ずんぐりむっくりでかわいい〜!!

 

f:id:umiuship:20171118163446j:image

 

神々しい金魚

 

f:id:umiuship:20171118163450j:image

 

そういえば私、目ん玉が大きいのでデメキンに似てるって言われたことあったなあ…こんなに飛び出してないんだけど…

 

f:id:umiuship:20171118163454j:image

 

和風の装飾が面白い。

 

ちなみにこれ以外にもアザラシとか居たんですが、動きが速すぎてカメラに捉えられてないです・・・。ゴメンナサイ。実際に見に行ってあげてください。

 

FairyTaleソーダ

 

今回の企画展に関連したペンギンカフェの特別メニュー。FairyTaleソーダ

 

f:id:umiuship:20171118163457j:plain

 

映えってるでしょ!


f:id:umiuship:20171118163501j:image

 

これ映えでしょ!!!!!!インスタやってないけども。

はてなブログに載せたことだし、たくさんのいいね!お待ちしております!(*^^*)

 

綿あめがクラゲ、ソーダが海を表したこのソーダ。綿あめデカすぎだろうと思わずに入られません。

「この綿あめどうやって食べるの(`-д-;)」と悩みましたが、綿を全部グラスの中に押し込んでみたら、全部溶けてフツーのソーダになりました。味はただのソーダでしたが、中に入っていた梨の果肉が美味しかったです。

 

 

--------------------------------

 

f:id:umiuship:20171118163518j:image

 

スカイツリーだあー。

 

f:id:umiuship:20171118163520j:image

 

イルミネーション…。もうそんな季節ですかっ…!

 

ということで明日から12月です。早い。寒い。

クリスマス、正月はすぐそこだあーっ!

 

 

すみだ水族館、値段は高いですが、アクセスも良いし、クラゲ万華鏡は度々行きたくなっちゃいますね。また、素敵なコラボ期待しております。あとクラゲのポストカードもっと売ったら売れると思います。

 

では。