さんじななふん。

岩手に住む大学生のブログ。

岐阜一人女子旅~飛騨高山でまったり食べ歩き

 

女子一人旅、岐阜県高山市編です。

9月に行きました~

 

高山市は見るのもよし!食べるのもよし!そして江戸時代当時の街並みが残る、風情ある場所!

女子一人旅にはちょうど良い場所なんじゃないかな、ということで行ってきたのですが、、、行って良かった~~

 

1日しか滞在していなかったのですが、癒やされまくって帰ってきました。

以下、いつものようにレポです~

 

 

初めての岐阜、そして高山市へ。 

f:id:umiuship:20170927132311j:image

 

岐阜駅に着きました。初岐阜。

岐阜駅から高山市までバスで行きました。

 

高山~岐阜線 | 高速バス | 濃飛バス公式サイト

↑これですね。往復で5000円以下、片道2時間程度。

 

f:id:umiuship:20170927200223j:image

 

ホテルに向かう道のなかで飛騨国分寺の五重塔が見えました。

 

食べ歩き

 

絶対にやりたかった食べ歩き!!!!!!

食べたいものばかりだった!

 

高山二四三屋でしょうゆ団子

 

f:id:umiuship:20171010001703j:image

 

一番はじめはしょうゆ団子。

団子なんてお腹にたまりそうなのに、雰囲気のよい甘味処があったので、つい…

 

f:id:umiuship:20171010001713j:image

 

そんなに甘くなく、おやつというより、普通にご飯食べた感じでした。美味。

 

飛騨牛握り&飛騨牛

 

岐阜に来たら食べなきゃアカンでしょう!飛騨牛

贅沢に握り&牛串!

 

f:id:umiuship:20171010001726j:image

 

目の前で炙ってくれる。外で立って食べるスタイル。

私以外にもたくさん頼んでました。やはり人気。

 

f:id:umiuship:20171010001743j:image

 

二個で700円と高いですけど、脂とご飯が最高に合ってめちゃくちゃおいし~~~~

 

f:id:umiuship:20171010001759j:image

 

牛串も。塩胡椒で。肉汁がボトボトと下に落ちる落ちる・・・そして、柔らかい!!

 

飛騨牛メンチカツ

 

f:id:umiuship:20171010001816j:image

 

飛騨牛うめえ!やべえ!最高!!と思っていたところに飛騨牛メンチカツ。

これも買いますよね!!(即決)

もちろん美味しかったです。サクサクほくほく。

 

飛騨小町で飛騨牛ソフト

 

割としょっぱいもの続きだったので、甘いものが食べたくなった頃…

飛騨牛ソフト」という魅惑の看板発見。

 

f:id:umiuship:20171010001859j:image

 

飛騨牛ずるいわ~

クリーミーで甘くてデザートには丁度よかったです。 

 

高山陣屋

 

お次は高山陣屋へ。分かりやすく言うと江戸時代の役所とお代官様が住んでた所ですね

幕末、全国に60ヶ所ほどこのような役所があったらしいのですが、実際に現存してるのはこの高山陣屋のみだそうです。日本唯一!

 

f:id:umiuship:20171010002238j:image

 

でも、後ろ見て下さい、まさかの工事真っ只中!笑

警備員?の方が一人で来た私に気を遣って撮ってくださったのですが、、、、

 

f:id:umiuship:20180217004326j:image

 

もはや、文字がなければなんの建物かわかんねえ!

 

拝観料は大人430円でした!

 

f:id:umiuship:20171010002250j:imagef:id:umiuship:20171010002301j:image

 

そんで、中はこんな感じ。

実際の会議等、仕事が行われていた役所が完全再現されてました。

でも、役所というより、お偉いさんの家って感じでした。台所も居間もあったし。

まあまあ暑い日だったのに、中は涼しくて、とても快適でした。中から見える外の景色も和の美しさが感じられて、日本人ならば居るだけでリラックスできちゃう空間なのでは?

紅葉の季節に来てみたいものです。

 

f:id:umiuship:20171010002306j:image

 

藍花珈琲店でゆったりタイム

 

ちょっと歩き疲れたので・・・休憩たーいむ!藍花珈琲店さんへ。

落ち着きのある色でまとめられた、レトロな趣きのある店内。ステキ・・・♡と思いながら席をよく見るとほぼ満員!!!夕方のおやつタイムだから??

初めはカウンター席に座って、注文を待っていたのですが、テーブル席が空くと、店員さんがこちらにどうぞーと移動させてくれました。ありがとうございますー

 

f:id:umiuship:20171010002325j:image

 

じゃーん!!くずきりー!

店の照明やテーブルがステキだからめちゃくちゃ良い写真に見えるマジック。

 

f:id:umiuship:20171010002331j:image

 

もっちりしたくずきりと、甘ーい蜜。

正直蜜なくても美味しくて。だから蜜と一緒に食べると最強!

そんでもってお口直しに梅がついてきたんですが、それもさっぱり甘くてやっぱり最強!

とっっても美味しかったです!

勿論、「珈琲店」なので、珈琲やカプチーノなどもありました。

 

高山市の街なみ

 

小京都とも呼ばれる高山市の街なみはこんな感じ。

 

f:id:umiuship:20171010001845j:plain

 

ここが中心街と呼ばれるところです。お土産屋が連なっています。

色合いや建物の造りに趣きを感じるのは勿論ですが、左右の用水路がまた良いですね。

 

f:id:umiuship:20171010001831j:plain

 

平日の昼でこれくらいの人通りでした。人が多いというわけではないですね。

 

f:id:umiuship:20171010002318j:plain

 

宮川中橋と呼ばれる赤い橋です。

高山市の象徴のようなものですね。


f:id:umiuship:20171010002341j:image

 

八幡宮にもぶらり。

 

f:id:umiuship:20171010002357j:image

 

公衆電話も他と合わせた色合いに。

 

f:id:umiuship:20171010002413j:image

 

セブンイレブンもカッコイイ!

 

f:id:umiuship:20171010002424j:image

 

夜。全然人いない。。。

 

居酒屋おりじんで一人のみ

 

結構食べたのに普通におなかが空いたので、一人居酒屋へ。

駅前にある「おりじん」さんへ。一人でも入りやすく、ゆっくりできました。

 

f:id:umiuship:20171010002431j:image

 

わざわざ岐阜で海鮮を食べるわけのわからなさ。

岩手に帰ってから食えばよくね?とこのときの自分にツッコミたい。

ちなみに飲んでいるのは鬼ころしというにごり日本酒です。パックのやつじゃないやつ。ちゃんとした高山市のお酒。

 

雨の中の宮川朝市

 

翌日。

 

日本三大朝市らしい宮川朝市に行ってきました。

あいにくの雨でしたが、店自体はやってた!

 

f:id:umiuship:20171010002442j:image

 

とはいえ、雨なのでいつもよりは店が少なかったようで・・・

野菜を売る店が主だったかな?さすがに野菜は買って帰れず。きっと美味しいんだろうなあ。

 

f:id:umiuship:20171010002450j:image

 

すぐに食べられるものを探していたら、見つけました、飛騨高山プリン

カスタード味とかぼちゃ味の二種類があって、私はかぼちゃ味をセレクト。すごーくなめらかで甘くて、口のなかにスルッと入っていって朝に丁度よかった~~

雨じゃなければ最高だったのに・・・

お店の方がとても親切な方で、帰るときに「一人旅楽しんでね~!」と言ってくださいました。ありがとうございます(*^ω^*)!!

 

お土産一覧

 

お土産ご紹介~~

 

とまじゅうのトマトジュース

f:id:umiuship:20180129011526j:image

 

f:id:umiuship:20171010001916j:plain

 

こういう店でした。トマトジュースの専門店初めて行きました。

基本、市販のデルモンテのトマトジュースしか飲まないので、こういう店で買って飲み比べしてみるのも楽しいのかなと思いました。

大切な日に飲もうと思ってまだ飲んでない・・・

 

飛騨高山麦酒(スタウト)


f:id:umiuship:20180129011533j:image

 

黒ビール~~

このビールは麦芽100%なんです。いつもは発泡酒とか、もはやビールですらないビール風のお酒ばかり飲むので、こういう100%のは久しぶり!そして味が濃厚!あと苦みも効いてました

 

ひだの梅だより(梅酒)と飛騨ビール

 

 

f:id:umiuship:20180208214409j:image

 

酒ばっかw

梅酒とまたビール~

梅酒の方はまだ飲んでないのですが、飛騨ビールの方は飲みました。結構甘めで軽くてさっぱりしてます!クセがなく飲みやすいビールでした。

 

旅の感想

 

たくさん動き回ってますが、どこも歩いていける範囲内だし、宮川朝市以外は同じ日に回ったところなので、週末にぶらっと来ても楽しめそうだな、と思いました。

今回の記事で書いた場所以外にも、行ったところがあるのですが、そちらは写真が多かったり、個別に記事を書きたいなと思う場所だったので、 次の記事で書きますね・・・

ということで岐阜旅はあとちょっとだけ続きます~

あと、飛騨牛握りは本当に美味しかったですね。わざわざ握りで飛騨牛をいただくことって岩手に住んでたらなかなかないと思うので、とても良い経験でした、また食べたい。

とにかく見えるもの全てが風情があってステキでした。

あとあと、めっちゃ君の名は。関連のお土産売ってましたwクッキー買っちゃいました。

 

 

以上です

ではまたー

 

夜デートで行くならココだ!アクアパーク品川レポ。

 

アクアパーク品川に行ってきました!

 

umiuship.hatenablog.com

すみだ水族館からのハシゴでした~

 

クリスマスまで約1ヶ月!ってときに行ってきたので、館内はすっかりクリスマス仕様。今まで行った水族館とは違ったテーマパーク型の水族館に少し驚かされながらも楽しんできましたー。

短時間でパパっと観ちゃったのであっさりレポです。

 

そしてめちゃくちゃに季節外れな記事ですが、

いつ行っても綺麗だと思うので、一つの参考に・・・

 

 

 

概要

 

・アクセス・・・品川駅から徒歩3分

・料金・・・大人2200円、子ども1200円

・営業時間・・・10:00~22:00

 

夜遅くまでやっているのが嬉しいところ。アクセスも良。

ふと思い立って行ける水族館。夜の水族館はワクワクしますよねっ

 

f:id:umiuship:20171118170928j:image

 

外観。めっちゃ目立つなあ~。

 

f:id:umiuship:20171118170934j:image

 

入った瞬間からデザイン重視!の凝った水槽がありました。

 

f:id:umiuship:20171118170943j:image

f:id:umiuship:20171118170959j:plain

 

そして、びっくりしたのがメリーゴーランドとバイキングがあったこと。

もう遊園地じゃん・・・

デザインめちゃくちゃに可愛いし・・・

アトラクションに乗るには入館料プラス500円払わないといけません。

 

水槽の中身はなんじゃろな?マジカルグラウンド

f:id:umiuship:20171118171006j:image

 

水槽にタッチしたりスワイプしたりすると、中にいる生き物が見えるという体験型ゾーン。

 テーマパークの水族館ってこういうことか~~~~と思いながらとりあえず体験してみる。

 

f:id:umiuship:20171118171012j:image

 

びよ~~~ん

 

正直これは、中の魚見えづらくてあんまり好きじゃなかったです笑

しかもひとりぼっちで行ったので1人でひたすら手を動かすのは虚しかったです・・・

 

次は熱帯魚系の水槽。

 

f:id:umiuship:20171118171020j:imagef:id:umiuship:20171118171030j:image

 

相変わらずデザイン重視の水槽。

 

f:id:umiuship:20171118171036j:image

 

これは魚の色を背景・風船がマッチしてて可愛い。

 

オトナの雰囲気漂うコーラルカフェバー

 

奥へ進むと、クリスマス装飾のバーカウンターと青い水槽が見えてきました。

 

f:id:umiuship:20171118171045j:image

 

シャンシャンシャンシャン聞こえてきて、完全にクリスマス気分。

大人の雰囲気醸し出すこの空間。

 

f:id:umiuship:20171118171054j:image

 

床にまで映像が投影されてキラキラかわいいです。光が導いてくれるようす。

 

f:id:umiuship:20171118171100j:image

 

ただし、肝心の水槽が青すぎてあんまりよく見えないです!!

 

f:id:umiuship:20171118171111j:image

 

元の色がよくわかんない。。。

 

 

f:id:umiuship:20171118171121j:image

 

↑ちなみにこれはテーブルです!これの上に綺麗なカクテルを乗せて飲むなんて・・・♡

おしゃれ~おっしゃれ~~

 

ジェリーフィッシュスクランブル

 

そ!

し!

て!!!

 

f:id:umiuship:20171118171131j:image

 

クラゲー!大好きーーーー!!!!!!

 

左右が鏡になっていて、

 

f:id:umiuship:20171118171257j:plain

 

それで天井も鏡!

オブジェのような照明がぶら下がってました。

 

f:id:umiuship:20171118171149j:imagef:id:umiuship:20171118171154j:image

 

真ん中にはフリフリがかわいいクラゲがのんびりと泳いでいました。このクラゲだけは形の違う水槽に入れられていたので、この子がメイン水槽なのかな?

このクラゲを撮りつつ、背景に筒状の水槽が写るようにするとベストショットが撮れちゃいますね!

 

しばらくするとクリスマスソングが流れ、それまで青色だった水槽と周りの照明がカラフルに変化。

 

f:id:umiuship:20171118171202j:imagef:id:umiuship:20171118171209j:image

 

気づいたら雪の結晶なんかも投影されていて。これは、まさに、宝箱のなか!

 

ちなみに筒状の水槽にいたのは

 

f:id:umiuship:20171118171217j:image

 

アカクラゲ

 

f:id:umiuship:20171118171223j:image

 

カブトクラゲ?肝心のネオンが見えなかったです

 

f:id:umiuship:20171118171231j:image

f:id:umiuship:20171118171237j:image

 

多分アマクサクラゲ

 

f:id:umiuship:20171118171242j:image

 

ミズクラゲ

 

f:id:umiuship:20171118171247j:image

 

そして先ほどのこのクラゲ。

 

f:id:umiuship:20171118171420j:plain

 

このクラゲは・・・なんだ??

インドネシアンシーネットルかな・・・??


f:id:umiuship:20171118171304j:image

 

音×光×クラゲの空間は当たり前ですがとても幻想的・・・

何枚も写真を撮ってしまった!館内も暗いし、周りを気にせずゆっくり過ごせたのが良かったです(*^O^*)

ベンチもあったので、ここでクラゲを観ながら小休憩するのもアリだと思います。

 

透明標本展示

 

次のエリアではこんなものまで展示・・・

これは、透明標本というものです。

 

f:id:umiuship:20171118171333j:image

 

透明標本とは

生物の骨格を観察するため様々な染色法を用いて作成される標本。

透明骨格標本 - Wikipedia

 

だそうです。

ヴィレッジヴァンガードとかで売ってることがあります。

 

f:id:umiuship:20171118171340j:image

 

資料として作られている透明標本ですが、私が見たらアート作品そのもの。

 

f:id:umiuship:20171118171345j:image

 

写真じゃ上手く伝えられない・・・

 

[新世界]透明標本~New World Transparent Specimen~

 

↑ 実際はこんな色です。

 

9つの水槽があるリトルパラダイス

 

f:id:umiuship:20171118171347j:image

↑ちょっと目が濁ってる・・・?すみだ水族館のと比べると元気なくてちょっと心配でした。

 

f:id:umiuship:20171118171351j:imagef:id:umiuship:20171118171354j:image

 

9つの水槽が並ぶリトルパラダイス。

サメからカサゴからチンアナゴハリセンボンなどなど。

 

東京の水族館ってもっと小さいイメージあったんですが、アクアパーク品川は案外規模があってびっくり。

 

水中を味わえるワンダーチューブ

f:id:umiuship:20171118171403j:image

 

帰ってきてから調べてわかったことなんですが、この水槽には世界唯一のドワーフソーフィッシュという魚が展示されているそうです・・・!!!!

全然見てなかった・・・(;。;)

 

夜ならこれくらいしか人が居ないのでゆっくりじっくり見られますね。

 

カワウソと握手できちゃうかも?ワイルドストリート

 

f:id:umiuship:20171118171408j:image

 

こ、れ、は、、、、

噂のカワウソ握手会っっっ

 

f:id:umiuship:20171118171413j:image

 

でも肝心のカワウソは握手穴がある箱には移動してくれませんでした。

とんだ塩対応だぜ。

 

ここには他にもアザラシやペンギンが居ました。

 

アクアショップ

 

f:id:umiuship:20171118171416j:image

 

館内ショップ。なにからなにまでオシャレか。

先ほどの透明標本も売ってました。

 

新感覚!ドルフィンパフォーマンス

そして最後はイルカショー

円形のスタジアムなので、どこからでも観られちゃうのです。

 

f:id:umiuship:20171118171426j:image

 

こんな風に水のカーテンに光を投射させていて、他の水族館では絶対に見られない新感覚ショーになっていました。

昼と夜でショーの内容は変化しているらしいですが、今回は夜バージョン。クリスマスソング流れるなかで、イルカがジャンプしたり、ダンスしたり、、、

 

飼育員さんとイルカが光を浴びながら社交ダンスのようなパフォーマンスをしていたのが一番印象に残っています。

 

f:id:umiuship:20171118171424j:image

 

このショーを観たことのがあるという友だちから「ここは水がとんでもなく飛んでくるから前には座らない方がよい」と聞いていたので、今回後ろの方で観ていましたが・・・

調べてみると、昼は容赦なく水が飛んでくるらしいですが、夜は控えめになっているそうです。そりゃそうだ。夜に水かけられたらテンション落ちるわ。

 f:id:umiuship:20180130224618j:image

f:id:umiuship:20180130224644j:image

f:id:umiuship:20180130224832j:image

 

ショーは15分ほどで終了。

他の水族館って、飼育員さんがイルカの紹介をしたり、盛り上がるようなことを言って煽ってきたりするじゃないですか。でもここではそれは一切なし。というか飼育員さん全然喋んなかったです。音楽を邪魔するものは全部排除していましたね。

他の水族館で感じられるようなアットホームさみたいなのは全く感じませんでしたが、その代わり、一つの舞台を見終えた感覚がありました。他では感じたことの無かった不思議な感覚でしたね。

 

正直な感想

 

良かった点

・クラゲの展示は幻想的。

・ドルフィンショーも一回見ておいて損はない

・とにかく装飾に凝ってる。

・夜遅くまでやってる。

 

悪かった点

・展示名がない所が多々あるので、水槽のなかにいる生き物がなんなのかわからない。

・照明がキツすぎて中にいる魚の本来の色がわからない

 

魚を見に行く場所、というよりもイルミネーションを見に行く感覚に近いかもしれないです。

 

ということで

アクアパーク品川は、

完全にデート向きの水族館・・・いや、水族館寄りのエンターテインメント施設!

とにかく他と比べると違う点が多すぎる!

そして恋人とのムード作りに関しては最強すぎますよ

デートで困ったらここに行くべし!

 

ということで、アクアパーク品川、とっても楽しかったです!

季節によって、装飾やショーの内容も変わるはずなので、何回行っても新鮮な気持ちにさせてくれそうですね。

ちなみに年間パスポートは4200円。2回行けば元が取れちゃう激安価格です。イイネ・・・

 

 

ではまたー

ハロプロソート2017‼︎

 

年末ですがハロプロソートやってみましたー!

15位まで!

 

f:id:umiuship:20171231211405j:image

 

 

アンジュルムとjuice=juiceに偏りがち

 

 

f:id:umiuship:20171231211811j:image

 

 

 

相川茉穂さんありがとう

短いあいだでしたが応援できて幸せでした

ダントツの一推し

 

 

 

 

f:id:umiuship:20171231211519j:image  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬ハロプロから離れて

他に新しく好きなもの見つけてみようかなと思ってます!

他にも好きなメンバーはいますが一瞬だけ!

過去の動画とかはめっちゃ見ますがw

 

何かおすすめあれば教えてください

 

 

 

その前に卒論だー!!ブログ更新できてなくてごめんなさい

 

 

 

今年もありがとうございましたー

では

 

 

<すみだ水族館>美しいクラゲと宮沢賢治×清川あさみの世界を堪能。

 

すみだ水族館に行ってきました!

 

f:id:umiuship:20171118163036j:image

 

なぜ行ったかって?

宮沢賢治×クラゲ展が開かれていたからですよ!

www.cinra.net

 

絵本家の清川あさみさんの描く宮沢賢治の世界とクラゲがコラボレーションなんて、幻想的に決まってるでしょ!そんでもって岩手在住かつクラゲ大好きな私は行くしかないでしょ!

 

話逸れますが、

清川あさみさん、お顔は見たことなかったんですけど、

 

f:id:umiuship:20171129234833j:plain

 

美人ジャン!

 

 

さーて入場券を買って中へ。一般の料金が2050円とハッキリ言って高い。しかし、見たいものがあるんだ。仕方なく払いました。金よサラバ~~

お目当てはクラゲですが、他の展示もじっくり見てきたので、順路に基づいて紹介していきますね。

 

自然水景

f:id:umiuship:20171118163043j:image

 

「いのちのきらめき」というタイトルがついていました。

水草から小さい気泡が出ていて、それがきらきらと光を反射して、さらにその酸素で魚やエビが呼吸をする・・・ということでのこのタイトルなんでしょうね。

 

宮沢賢治×清川あさみ クラゲの森

 

1つめの宮沢賢治×クラゲ

 

f:id:umiuship:20171118163429j:plain

 

グスコーブドリの伝記とクラゲ。グスコーブドリの伝記青空文庫で読めるのありがたいですね・・・


f:id:umiuship:20171118163053j:imagef:id:umiuship:20171118163101j:image

 

ブドリとネリが暮らしたイーハトーブの森のなかをふわふわ漂うクラゲたち。

これのポストカードあったら買ったのになあ!(無かった)

 

f:id:umiuship:20171119151446j:image

 

色彩がくるくると変わっていくのが綺麗でした。

  

クラゲ

 

丸い小さな水槽が並べられています。中に居るのはまたしてもクラゲ!こちらは企画展とは関係なく、ただ展示されているクラゲたち。

 

f:id:umiuship:20171118163110j:image

 

カラージェリーフィッシュ

 

f:id:umiuship:20171118163121j:image

 

ギヤマンクラゲ

 

他には

 

アマクサクラゲ

アカクラゲ

コブエイレネクラゲ

サルシアクラゲ

シロクラゲ

カブトクラゲ

 

が居ましたよー!!

小さめのクラゲばかり展示されていましたね。ガラスが二重になってるうえに後ろが鏡みたくなっていたので全く綺麗に撮れませんでした(´;ω;`)

今思うと海遊館新江ノ島水族館の綺麗に撮れる環境素晴らしかったと思います…

 

umiuship.hatenablog.com

umiuship.hatenablog.com  

アクアギャラリー

 

こちらもクラゲ同様小さい水槽に小さい魚たちが居ました。

こちらはうまく撮れたのでたくさんご紹介。かわいいですよっ

 

f:id:umiuship:20171118163128j:image

 

このブログでたびたびご登場のマンジュウイシモチ

そして何回でも書くけどこの水玉模様おしゃれ~

 

f:id:umiuship:20171118163150j:image

 

クダコンベ。赤いチェック。かわいい

こんなかわいい見た目をして他の魚を食べることがあるらしい…見た目で騙されちゃだめとはこういうことですね

 

f:id:umiuship:20171118163159j:image

 

ニモ!じゃなくてカクレクマノミ

って書いてて思ったけど最近の子はニモじゃなくドリーの方がピンとくるのかな?

 

f:id:umiuship:20171118163207j:image

 

ナベカ

ひょこっとな。

 

f:id:umiuship:20171118163212j:image

 

コンゴウフグ

 

f:id:umiuship:20171118163220j:image

 

ハリセンボン

この子カメラ動かす度に目がギョロギョロするし、近づいてくるし可愛かったなー!どういう風に見えてるのかな?

 

f:id:umiuship:20171118163228j:image

 

ハタタテハゼ

 

サンゴ礁

 

次はサンゴ礁水槽!ながーい長方形の水槽にサンゴ礁が再現されていました。

 

f:id:umiuship:20171118163252j:image

 

すみだ水族館といえばチンアナゴ

 

f:id:umiuship:20171118163243j:plain

 

こんなに居ます。ちょっとシュールで面白くないですか?ニョキニョキニョキニョキニョキニョキ


f:id:umiuship:20171118163259j:image

 

ここの水槽は顔を近づけて、たくさん居る魚をじ~~っくり観るのがお勧めです。

 

f:id:umiuship:20171118163307j:image

 

おっ君でかいねっ!!

 

f:id:umiuship:20171118163313j:image

 

やあやあ。正面もイケてるじゃない。

 

f:id:umiuship:20171118163318j:image

 

なんか反応しろよ。

 

f:id:umiuship:20171118163323j:image

 

唇きれいですね。

 

宮沢賢治×清川あさみ 銀河鉄道でわたる天の川トンネル

 

さて、今回のメイン!!!!!クラゲ万華鏡トンネルでの企画展宮沢賢治×清川あさみ 銀河鉄道でわたる天の川トンネル」

ここのクラゲ万華鏡トンネルでは度々企画展が行われていますよね。二年前の蜷川実花さんのコラボ企画展は観に行っていたので(実はブログのヘッダー部分がその画像だったりする)今回のコラボ企画は驚きはあまりなかったのですが、相変わらず綺麗な万華鏡空間と、清川さんの優しい色調の絵がとても素晴らしかったです。たくさん写真載せちゃいますね。

 

f:id:umiuship:20171118163330j:image

 

銀河鉄道の夜とは

銀河鉄道の夜』は、宮沢賢治の童話作品。孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと銀河鉄道の旅をする物語で、宮沢賢治童話の代表作のひとつとされている。

銀河鉄道の夜 - Wikipedia

 

銀河鉄道の夜の人気の理由の1つは未完であることだと思ってます。研究のしがいがありますよね。謎が多い物語です。

 

f:id:umiuship:20171118163337j:image

 

見た目はもちろん、リラックス音源を流し、さらにアロマの良いにおいもしていて、まさに五感で楽しむ水族館

 

f:id:umiuship:20171118163509j:plain

 

鏡が左右に設置され、天井の光や壁に投射されている映像が全面に映し出されている状態。万華鏡というか、ミラーボールが壁に貼られているような感覚。

鉄道の走る音や警笛の音も聞こえます。


f:id:umiuship:20171118163342j:image

 

見る方向や時間によって色も変わってきたり。

 

f:id:umiuship:20171118163506j:plain

 

カムパネルラとジョバンニが銀河鉄道に乗っています。後ろの映像はアニメーションになっていました。


f:id:umiuship:20171118163351j:image

 

カラージェリー。

 

f:id:umiuship:20171118163356j:image

 

ミズクラゲ

 

f:id:umiuship:20171118163403j:image

 

銀河鉄道をバックにアカクラゲ

 

f:id:umiuship:20171118163408j:image

 

f:id:umiuship:20171118163504j:plain

 

十字架。作中で青年たちが降りて行った南十字駅ですかね。

 

f:id:umiuship:20171118163415j:image

 

これは作中に出てきた鳥を捕る人ですね。

 

f:id:umiuship:20171118163420j:image

 

めちゃめちゃ背景ブルーなのでアカクラゲの赤い部分があまりわかりませんが・・・

猛毒のアカクラゲ銀河鉄道・・・・・・。ふむ・・・・・・。

 

f:id:umiuship:20171118163513j:plain

 

クラゲは死ぬときに溶けてなくなってしまいます。一晩で姿形がなくなってしまうクラゲもいるそうです。しかも、寿命もそんなに長くなくて、よく展示されているミズクラゲも1年ほどで死んでしまうらしいですね。

一方で、銀河鉄道っていわば死んだ人を乗せる鉄道だったわけで、銀河鉄道内で主人公たちと出会った姉弟も駅(天上)で降りていってしまいますよね。そして主人公が「どこまでも一緒にいこう」と話した、友だちのカムパネルラもラストシーンで亡くなっている事実がわかるんですね。

 

どっちも儚い!

そういうことですか?このコラボは。


f:id:umiuship:20171118163425j:image

 

とにかく綺麗だったので◎

 

東京大水槽

 

すみだ水族館は小規模水族館ですが、唯一の大水槽かこちら。

 

f:id:umiuship:20171118163434j:image

 

館内で疲れたらこの大きい水槽の前でゆっくり休むのがよいでしょう。

 

ペンギン

 

上から見たら、餌やりをやっていました。

 

f:id:umiuship:20171118163438j:image

 

かーわーいーいー。

 

江戸リウム

 

すみだ水族館の見所の1つ江戸リウム。日本最大の金魚展示ゾーンだそうです。

確かに水族館で金魚をこんなに展示してるところってあまりないですよね・・・(熱帯魚屋ならまだしも・・・)

 

f:id:umiuship:20171118163443j:image

 

なにこの子〜〜〜!!ずんぐりむっくりでかわいい〜!!

 

f:id:umiuship:20171118163446j:image

 

神々しい金魚

 

f:id:umiuship:20171118163450j:image

 

そういえば私、目ん玉が大きいのでデメキンに似てるって言われたことあったなあ…こんなに飛び出してないんだけど…

 

f:id:umiuship:20171118163454j:image

 

和風の装飾が面白い。

 

ちなみにこれ以外にもアザラシとか居たんですが、動きが速すぎてカメラに捉えられてないです・・・。ゴメンナサイ。実際に見に行ってあげてください。

 

FairyTaleソーダ

 

今回の企画展に関連したペンギンカフェの特別メニュー。FairyTaleソーダ

 

f:id:umiuship:20171118163457j:plain

 

映えってるでしょ!


f:id:umiuship:20171118163501j:image

 

これ映えでしょ!!!!!!インスタやってないけども。

はてなブログに載せたことだし、たくさんのいいね!お待ちしております!(*^^*)

 

綿あめがクラゲ、ソーダが海を表したこのソーダ。綿あめデカすぎだろうと思わずに入られません。

「この綿あめどうやって食べるの(`-д-;)」と悩みましたが、綿を全部グラスの中に押し込んでみたら、全部溶けてフツーのソーダになりました。味はただのソーダでしたが、中に入っていた梨の果肉が美味しかったです。

 

 

--------------------------------

 

f:id:umiuship:20171118163518j:image

 

スカイツリーだあー。

 

f:id:umiuship:20171118163520j:image

 

イルミネーション…。もうそんな季節ですかっ…!

 

ということで明日から12月です。早い。寒い。

クリスマス、正月はすぐそこだあーっ!

 

 

すみだ水族館、値段は高いですが、アクセスも良いし、クラゲ万華鏡は度々行きたくなっちゃいますね。また、素敵なコラボ期待しております。あとクラゲのポストカードもっと売ったら売れると思います。

 

では。

 

 

 

龍泉洞秋まつりへ&(祝)岩泉ヨーグルト復活

 

美しいブルーと聞いて、皆さんはどんなブルーを思い浮かべるでしょうか?

 

空?

海?

宝石?

 

わたしが思い浮かべるのは

龍泉洞のブルーです!

ということで今回は龍泉洞秋祭りに行ってきたお話しです。

 

 

龍泉洞とは?

 

岩手県の岩泉町にある鍾乳洞・龍泉洞

龍泉洞日本三大鍾乳洞の一つとされ、また洞内に棲むコウモリと共に国の天然記念物に指定されています。洞内総延長は知られている所で3,600mで、そのうち700mが公開中。見つかっている地底湖は8つで、そのうち3つが公開中。現在も調査が継続中で未知の部分もまだまだ多く、総延長は5,000m以上ではないかと言われています。悠久の時が生んだ芸術品の様な鍾乳石たち世界有数の透明度の目の覚めるような青い地底湖龍泉洞は一度見れば忘れられない感動を味あわせてくれることでしょう。

龍泉洞を知る//岩泉町・龍泉洞WEBサイト

↑にもある通り、青い地底湖が綺麗すぎると有名なのです。

岩手県在住ながら、行くのは初めての私。

 

f:id:umiuship:20171010134624j:image

 

ちょうどこの日は龍泉洞秋まつりがやっていましたよ。

 

f:id:umiuship:20171010134628j:image

 

恋人の聖地。

こういうのどこにでもあるな笑

 

いざ、中へ

 

大人料金1000円を払って、さっそく入っていきます(子どもは500円です)

 

f:id:umiuship:20171010134631j:imagef:id:umiuship:20171010134635j:image

 

寒いから気を付けなければならないということは友人からよく聞いていましたが、身構えていた割には寒くなく。ヒートテックさえ着ればガマンできる寒さ。

夏にTシャツで着たらアカンことになると思うけれど。

 

f:id:umiuship:20171010134638j:image

 

鍾乳洞に圧倒されつつ進むこと数分。

地底湖にたどり着きました。

 

f:id:umiuship:20171010134644j:image

 

神秘。

 

神秘

神秘

神秘…

圧倒的な静の空間。そして下が果てしなく続いていそうな恐怖とアクアブルーの色彩美しさよ。

撮ってる時にスマホ落とすんじゃないかとガクブルしてましたが、撮ってもこんなんで全然伝わってこないですね…実物じゃないとわかんない…

 

f:id:umiuship:20171122194251j:image

 

洞内は上から水がポタポタと落ちてくるので、(一応ところどころに屋根はありますが...)髪の毛を濡らしたくない方はフード付きの洋服、また、急な階段の上り下りが激しいため、当たり前ですが歩きやすい靴で入ることは必須です。あとはそれに耐える体力と。

 

秋の味覚を食べましょう~さんま~

 

秋祭りということで屋台がたくさん並んでいました。

山田の牡蠣小屋も来ていたのですが、残念ながら私たちが来る前に終わってしまったようで。

 

umiuship.hatenablog.com

 

まあ牡蠣小屋に行って一回食べたことあるしな。

 

見つけたのが

f:id:umiuship:20171010134647j:image

 

ホタテ焼きアンドさんま焼きの屋台。

THE秋の味覚!食べなきゃ!

 

f:id:umiuship:20171010134654j:image

 

私さんまだと内臓のとこが一番好きなんですねー。皆さんは内臓好きですか?

 

田野畑村の絶品海鮮丼

 

さんまだけではおなかは満たせぬ!ということで、田野畑村に移動。北川食堂さんへ。

 じ、つ、は

 

umiuship.hatenablog.com

 

前にも来たとこなんです~~おいしかったので再訪。

休日の昼だったためにぎわっていました。さすが地元に愛される名店と呼ばれるだけはあります。

 

f:id:umiuship:20171010134658j:image

 

前回は五地層丼を頼みましたが、今回は日替わり海鮮丼をいただきました。

海鮮関係ないメニューもたくさんあるんですけど、宮古だし!沿岸だし!やっぱり海鮮でしょ!ということでこのチョイス。

相変わらずボリューミーでうまい! 

 

岩泉ヨーグルト復活

そ・し・て!

 

岩泉ヨーグルト復活おめでとうございます~~!!!

www.sankei.com

歓喜

 

2016年8月の台風による被害で壊滅的な被害を受けた岩泉町。岩泉乳業の工場は浸水してしまい、稼働することが困難な状況に陥りました。

そこから町の負担もあって、販売復活。

今では盛岡市内のスーパーにも置いてあってありがたいですが、アマゾンや楽天では在庫切れになってますねー。残念。東北以外の方々が気軽に食べられるようになるのはもうちょっと先なのかな?

 

私はこの日飲むヨーグルトとプレーンのヨーグルトを道の駅でそれぞれ買って帰りました

このヨーグルト最大の特徴はもちもち感!!!です

ヨーグルトがもちもちするとは?と思った方、買ってみて食べてください。本当にもちもちしてるんです。絶対にたべてくださいね!

 

☆彡

 

今回はこんな感じで。

秋祭りについて書きましたが、もう岩手では雪が降っています(寒)

寒さに負けず頑張っていきまっしょい

 

では。

 

 

<青森市喫茶店>老舗の純喫茶・マロン珈琲店へ

 

喫茶店シリーズ盛岡じゃなくて青森市!です!

青森市に用事があったときに空き時間で良いとこないかな~~と調べていると、なんだか私が好きそうな喫茶店を発見。

 

それがこちらの昭和45年から続く純喫茶、マロン珈琲店。

 

f:id:umiuship:20170527212030j:image

 

いらっしゃいませ(◯'♢'◯) と書かれた看板。さあ入ってみましょう。

 

f:id:umiuship:20170527212349j:image

 

店は階段を上った先にありました。入口からすでに色調やインテリアに凝っていそうな雰囲気がします。これは期待!

 

なかに入ると、思っていた以上に広い店内に驚きました。

 

 

f:id:umiuship:20171026183430j:image

 

ざっくりこんな席配置でした。もうちょっと違う部分あると思うけれど。窓際手前には4人掛けできる丸テーブル、で両脇にこれも4人掛けできるテーブル&ソファ。もっとテーブル席は多かったはずなのでかなりのお客さんが入れる店になってます。

私は右側の奥の席に座ってみました。 

 

f:id:umiuship:20170527212048j:image

 

見渡せば見渡すほどインテリアに凝っていて面白い。やはり昭和から続いているだけあって、古そうなインテリアがたくさん。例えばここにも映っている多数の掛け時計。あとはブリキのおもちゃとか。一つ一つのものがこの喫茶店のレトロな空間を演出しています。

 

f:id:umiuship:20170527212107j:image

 

コーラがずら~

 

そういえば写してなかったんですが、床の色がグリーンでした。グリーンの床に深みのある茶色ベースのインテリアが落ち着いた重厚な雰囲気を。そしてこういう遊び心のあるインテリア?がキュートさを醸し出しているんじゃないですかね。そして全体的にレトロで面白い空間になってるというね。

 

f:id:umiuship:20170527212242j:image

 

さて、わたしはメロンソーダを頼みました!

メロンソーダ大好きとかじゃないけど、可愛くて頼んじゃった…レトロな喫茶店といえばメロンソーダみたいなとこあるし。

 

ほかにあったのは珈琲紅茶ココアコーラジンジャー生ジュースにトマトジュース、フロート、食べ物はスパゲティにトーストにカレーにケーキ、パフェ、ピラフ、サラダなどなど。

THE純喫茶!というようなメニューばかりでしたよ。

 

☆彡

 

マロン珈琲店

営業時間 7:00~20:00(モーニングは7:00~11:00)

定休日  水曜

朝早くからやってくれるのはうれしいですね。朝からほっと一息。

 

☆彡

 

f:id:umiuship:20170527212419j:image

 

帰りの階段でふと上を見てみたらモーニング娘。プラチナ期のポスターが謎に貼ってました。田中れいなのバカリボン可愛いな

 

ということで今回も

 

f:id:umiuship:20170527212305j:image

 

ありがとうございました。

 

ではまた

なしくら (@umiuship1) | Twitter

大阪一人女子旅~「バベルの塔」展・プラネタリウム・グルメ編

 

今回は国立国際美術館ブリューゲルの「バベルの塔」展を観てきた話と、大阪市立科学館プラネタリウムを見た話です。大阪で食べたごはんのことも。

 

海遊館に行った日と同日なのですごい濃い1日でした。

科学館と美術館が隣同士ってのもあるけれど。

行こうと思えば1日で行けるもんなんですね。

 

umiuship.hatenablog.com

 

 

 

築港麺工房でうどんを食す

 

海遊館をでたあと、まずは昼ご飯。

大阪といったら…うどん………???

というなんとなーくの理由で海遊館付近のうどん店を検索するとよさげなところがヒット。

 

f:id:umiuship:20170917001644j:plain

 

築港麺工房さん。

外観を見たら、アパレル店とかインテリア店のような雰囲気を漂わせてました。うどん屋なんですが。気軽に立ち寄って~~!という佇まい。

 

テーブル席と一人席があり、食堂とカフェが一体化したような店内でした。

そして飲み物が水ではなくルイボスティーで、何杯飲んでもタダという嬉しさ。ノンカフェインで美容にもよくてストレス軽減の効果もあるお茶を提供してくれるなんて、やっぱり普通のうどん屋とはちょっと違う

 

f:id:umiuship:20170917001649j:plain

 

さっぱりしていておいしゅうございました。梅わかめのうどんです。

カルボナーラうどんや明太子クリームうどんなんてのもあって、バリエーション豊富…ってか最早パスタ?

 

 

大阪市立科学館プラネタリウム ・・・・?

 

つづいて向かったのは大阪市立科学館

行く予定はなかったんですけれども、ちょうど時間がいい感じだったので。

プラネタリウムを見るためにチケットを購入。

 

f:id:umiuship:20170917001653j:plain

 

待っているあいだ展示を見て回る。

 

f:id:umiuship:20170917001656j:plain

竜巻を起こしてみた。

 

f:id:umiuship:20170917001659j:plain

あれ…あれ…?

わたしに反応しないサンダーボール(かなしき…

 

そしてプラネタリウム!!

小学生ぶりくらいのプラネタリウムです。

 

このときのプラネタリウムはざっくり2部構成で

1部が今日の星空を解説してくれる時間でした

でしたのですが

ですが

 

ええっと…

爆睡しました

 

 

爆睡しました!!!!

 

やってしまいましたね。

小学生ぶりのプラネタリウム(ワクワク♡)じゃないんだよほんとに

 

序盤のほうで「目を暗闇にならすために十秒目をつぶってください。」とガイドの方(心地よすぎる声)に言われたので、目をつむるじゃないですか。

眠いじゃないですか。

でも頑張って目を開けるじゃないですか。

プラネタリウム、めちゃくちゃ綺麗なの。

広いスクリーンに星が映し出されていて、ちょっと大きい星とか小さい星とかなんでも見えるの。すごいの。

 

でもね

 

うわあきれい(*´ω`*)

きれいだなあ(*´ω`*)

きれい…きれいだ…(*´ω`*)

…………スヤア( ˇωˇ )

 

ってなってね!!!!!!!!!!!!

ほんとごめんなさいって感じだし、なにやってんのって感じ。

でもソファやわらかかったし、音質クリアだし、綺麗だし、暗闇だし…

つまらなかったわけではなく純粋に旅の途中で疲れてたのが一気にリラックスモード入って寝ちゃったわけです…

 

第2部の始まったときに起きたんですが、ナレーションが落語家の方で関西弁で、新鮮でした。「第二の地球を探せ!」っていうタイトルの通り地球のような生命体が存在できる星を探しに行くプログラムだったんですけど。

 

探しにいくはずが、

 

 

また寝た。

 

 

ごめんなさい!

 

 

f:id:umiuship:20171025230213p:plain

 

 

ブリューゲルバベルの塔」展

 

睡眠をとったのでまあスッキリとした気分で見ることができました!(オイ)

東京で展示されていたときは混雑がひどかったらしいですが、この日は平日ってこともあってかそんなに混んでなかったです。普通に一つ一つ足を止めてみることができました。

学生料金で見られるのありがたいです。本当に。

 

さて、今回のバベルの塔展、

もちろん、「バベルの塔」だけが飾られているわけではなくて。ネーデルラントの絵画から始まって、ブリューゲルが影響を受けた画人ヒエロニムス・ボス、ブリューゲルがボスを真似て作った版画の数々、そして最後にバベルの塔!!というように、プロローグから始まってだんだんとクライマックスに近づいていくようなワクワクを体験できる順番となっていました。

 

はじめに飾られているのはネーデルラントの絵画。主に宗教画。枝葉の刺繍の画家によるバルバラ聖カタリナなどが展示。

美術には詳しくない私ですが、宗教画も年代を追っていくにつれて、画法が変化していったり(のっぺりから筆の動きのある絵へ)、宗教をメインに描いた絵からいつからか風景のなかの一部に宗教要素を取り込み、宗教画というよりは風景画としての作品として成り立っていく過程だったりがわかって結構面白かったです。

 

f:id:umiuship:20171025214839j:plain

 

「ソドムとゴモラの滅亡がある風景」という絵が展示されてたのですが、これがまさに、風景画のなかに宗教要素を入れた絵ですね。炎に包まれる街がメインで描かれ、天使たち等の宗教的要素は右側に小さく描かれているだけ。

 

次に出てきたのがヒエロニムス・ボス

キモカワ・シュールに通じる絵でした。

この人の絵は世界に25点あって、そのなかの2点が今回展示されていましたー

 

一つ目が「放蕩息子」

 

f:id:umiuship:20171025215313j:plain

 

この男が先に進むか、それとも怠惰な生活へと戻るか…

この未練がましい顔よ!

でもこの絵、それだけではなく、後ろの建物の屋根に水差しが刺さっていたり、男女がいることから娼婦の居る場所(らしいです)だったり、木の上に悪徳/知恵の象徴フクロウがじっと男を見ていたりと、いろんな暗喩が隠されています。

 

二つ目が「聖クリストフォロス」

 

f:id:umiuship:20171025220137j:plain

 

こっちのほうが、暗喩がたくさん書かれていて、しかも不気味なような。

熊が木につるされて死んでいたり。(危機が去ったことを暗喩してるらしい)

杖の魚とか。(処刑されるキリストの暗喩らしい)

木に水差しが刺さっていて、はしごがかかっているとことか。

 

まあ当たり前なのですが、前もって知識がないとこの暗喩はわかんないです!(私はわからず解説読んでへえーってなりました。)

 

ボスの絵はシュールだったり不気味だったりする怪物・モチーフが使われています。ボスの絵は不思議で、おかしくて…

このあとに出てくるブリューゲルもボスの影響を受けた画家のひとりですが、ブリューゲル以外にもたくさんの画家が影響を受け、実際ボスの真似をして描いた絵がたくさん残されているそうで。人を魅了するおかしさを描いたボス。まあまあ面白かったです!

 

ちなみに

eiga.com

ドキュメンタリーが公開されるとか。ほうほう。

 

このあとブリューゲルがボスのモチーフを真似た版画がたくさん展示。肉眼じゃ厳しくなってきます。恐ろしく細かい。

 

そしてついにバベルの塔へ。ドキドキ。

 

そもそもバベルの塔とは?というお話ですが

バベルの塔とは、旧約聖書の「創世記」中に登場する巨大な塔。神話とする説が支配的だが、一部の研究者は紀元前6世紀のバビロンのマルドゥク神殿に築かれたエ・テメン・アン・キのジッグラト(聖塔)の遺跡と関連づけた説を提唱する。実現不可能な天に届く塔を建設しようとして、崩れてしまったといわれることにちなんで、空想的で実現不可能な計画を比喩的に「バベルの塔」という。

バベルの塔 - Wikipedia

です。まあ聞いたことあるしなんとなくは知ってます。

 

展示部屋に入るとまずは巨大パネルがお出迎え。迫力。

 

そして実物…意外と小さい。

そしてめえええっちゃ細かい。

さっきの版画も肉眼じゃ辛かったですが、そのうえを行く辛さ。双眼鏡とかないと無理…

米粒、いや、米粒より小さい人がたっくさん描かれている。しかも描きわけられている。どういうことなの…どんな集中力でこれを描いたの…観てるだけで肩凝るよ私…

 

バベルの塔は実在しない建物だけど、それを驚異的な想像力で描いて、それが数百年も私たちのバベルの塔イメージになってるってすごいですよね。

 

f:id:umiuship:20170917001702j:plain

↑これは撮影スポット

 

バベルの塔は大バベルと小バベルの2つがあって、今回来てるのは小バベルのほうです。まだもう一つ、これより大きくて、また細かいバベルの塔があるのですね…もし、大バベルのほうが見られる日が来るなら、どんだけ細かいのか見てみたいです。

 

展示は以上で、このあとにつづく特設ショップは気合の入った凝ったグッズがたくさんありました、

私が気になったのは

 

f:id:umiuship:20171025224221j:plain

 

公式キャラのタラ夫。

すね毛www

 

と、いう感じでした「バベルの塔」展!

やっぱりオペラグラスとか持参していきたかったなあというのが一番の感想です!!

 

皆さんもぜひ行ってみてくださいねーといつもの言葉でしめようと思ったのですが、期間終わってましたーーーー

 

そりゃそうだ。私行ったの9月上旬だもん。

 

f:id:umiuship:20170917001706j:plain

 

というか外観すごくない?

 

Spice&Sweets KAJUでスープカレーディナー

 

2日目の夜のごはんに選んだのはSpice&Sweets KAJU

もはや大阪だからとか関係ないですね、とてつもなくカレーが食べたくて。

過去の旅行でも最低一回はカレーを食べてきたので、今回もね、カレーを食べてきましたよーっと。

 

店内はおしゃれなカフェ的な雰囲気。

このときはあんまりお客さんが居なかったのでテーブル席に座らせてもらいましたが、カウンター席もあり、お一人様も入りやすい雰囲気でした!

 

f:id:umiuship:20170917001709j:plain

 

石鍋登場!石鍋だけあって写真からも伝わるグツグツ感。十穀米が春雨が選べたので十穀米チョイス。女性向けのカレー店ですね。彩を気にしてサラダもつけてみたよ!

 

うん、うんおいしかったです

スープカレーなのでサッラサラで、そしてスパイスが効いたお味で、食べているうちにハマっていく。途中で米をinしてリゾット風に食べると良き!

薬膳スープカレーだし、十穀米だし、野菜も食べられて、カレーを食べたのに健康的な食事を取れたような気がしました!

 

アクセス良。

 

本日の購入品

 f:id:umiuship:20171020162930j:image

 

前回書けばよかったんですが、

海遊館で買ったアオウミウシのマグネット。

メモ掛けだそうであんまり磁力ないです。

メモ掛けには使ってないです。ただのマグネットとして家に飾ってます!可愛い!

指輪は早速雑貨屋ASOKOで購入したものをつけてます!サイズぴったり!

 

 

はい!

これにて大阪旅終了です!

関西弁が常に聞こえた2日間、とても面白かった!

このあと岐阜に行ったのでこのあとも関西弁は結構聞こえてきてたのですがw

大阪で有名なグリコとか天守閣とかは行ってないけど、私らしい旅になったんじゃないかなと思います

あと思ったほど治安悪くなかった!よかった!

 

次回からは岐阜旅になりますが、岐阜旅書く前に岩手県内系の記事を書きたいと思います!

 

ではまた!

Twitter→@umiuship1